減速機とは

減速機とは

「減速機」とは、歯車でモータの回転速度を下げることにより、高いトルクを得る装置です。イメージしやすいのは、自転車の変速ギヤでしょう。軽いギヤにすると回転数は増えますが、軽い力で漕いでも坂道が上がりやすくなります。これは、ペダルの回転力を登るための力に変換しているからなのです。

この原理は、産業用のロボットに用いられています。一般的な産業用ロボットは、モータの力で動いています。つまり、モータの大きさが力の強さとなるため、大きなものを動かすためにはそれ相応のサイズが必要になってしまいます。そこで、減速機の登場です。減速機は回転速度を下げることで力を得る装置のため、モータと組み合わせることで小さなモータでも大きな力を得られるようにできるのです。

ナブテスコと減速機

精密減速機RV™は1986年に生産を開始しました。
当時の産業用ロボットは、様々な課題を抱えていました。代表的なものは大きく3つです。

これらの課題は、多くの工場で生産性の向上や品質の担保に影響していました。こうしたお客様の声を聞き、開発に取り組んできたのが精密減速機です。どうすれば課題を解決できるか。考え抜いた末にたどり着いたのは、強く正確に動かすための減速機でした。

ナブテスコの減速機が持つ3つの特徴こそ、お客様の抱えていた課題を解決するために生み出されたと言えます。

RVの歩み.png

ロボットと減速機の未来

ロボットは日々進化し続けています。
それは、減速機も同様に進化が求められているということでもあります。

人とロボットが協働するために必要なこと。メンテナンスを最小限に抑えるために必要なこと。より精密な動きを実現するために必要なこと。
様々なニーズがロボットの進化とともに生まれてくるでしょう。
これまでも、これからも、ナブテスコはお客様のニーズと向き合い、減速機という製品を進化させることで、お客様の悩みを解決していきます。

お客様やロボットメーカーとともに歩み続けることをお約束します。

ナブテスコについてもっと知る

お気軽にお問い合わせください